トップページ

    このサイトではサーブの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「サーブの買取相場をリサーチして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」と感じている場合はこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者でリサーチしてみてください。

    スウェーデン車のサーブを高額買取してもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社のみとか近隣のディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定サービスなら2分位で入力できるので隙間時間でできます。何社かの車買取業者からの査定額を比べられるので、サーブ(Saab Automobile AB)の買取相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へサーブの買取査定の依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    その上、地方でも対応していて無料です。

    「サーブを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに今あなたが乗っているサーブの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという安心して使える一括サービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が買取価格を入札していくので、スウェーデン車のサーブを高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    サーブの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に数年落ちのサーブの買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのサーブでも高価買取が可能になります。

    約10社の買取業者がサーブの見積もりをしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取業者にあなたのサーブを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者がスウェーデン車のサーブの査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで査定額やサービスの違いを比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したサーブを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り輸入車・外車専門の中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は外車・輸入車だけで約1500台。全国対応で出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車買取店なので、スウェーデン車のサーブであれば日本車メインの買取店より高額買取が実現することも多いです。
    そういうことから、スウェーデン車のサーブであれば始めにランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して査定相場を比べてみてください。

    いろんな中古車買取店に見てもらった後で、最終的に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大事に乗ってきたサーブを売りましょう。







    一般的な中古車買取専門店が査定の際に確認する項目は、大きく分けると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車の内部の臭いや汚れの有無、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

    今現在の相場価格を考慮して以上の結果を総合して、売却希望者に査定額が提示されるのです。

    中古車買い取り店は多数ありますが、ほとんどの場合、査定にかかる時間は単純に待っているだけの時間を除外すると約10分少々で済みます。

    なぜかというと、査定する時点での車種ごとのオークション等の平均額を基にして前もってベースの査定額が決まっていて、基本査定額から車の各部位の状態や走行距離などを確認して、これらに応じた加算や減算をすることによってすぐに査定額を決定出来てしまうからに他なりません。

    中古車買取専門店で査定金額を算出する場合においては、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて査定金額は低下していくのです。

    5万kmを越えた車は多走行車と言われていて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は過走行車という名称で呼ばれ、ゼロ円査定になってしまうケースもままあります。

    査定士が実車を査定するときは所有者がその場にいなければいけないとする規定は聞いたことがありませんが、いなかったがために起こりうる不快なトラブルを未然に防ぐためにも、可能なかぎり査定時は本人不在の状況を作らないようにしましょう。

    酷い業者ばかりとは限りませんが、なかには人が見ていないのを幸いとばかりにもともと何でもない部分に傷をつけたりして買取値を安く下げようとした例もあります。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、車に損傷が生じた場合、あとになって買取や下取りに出そうにも、事故車ということで査定額が全然違うというのは珍しいことではありません。

    恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

    それは過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。

    仮に当事者同士で話し合っても自動車保険会社はそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    どうしてもというのであれば、裁判も辞さない覚悟で弁護士と対応を話し合う必要があります。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながらどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    例えば下取額が10万円で査定手数料が1万円なら、実質利益は9万になるということです。

    中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、確認するのを怠りがちですので、下取り査定に取りかかる前に、手数料等の有無をあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    査定手数料をとる場合でも交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

    基本的に自動車の査定時において、傷などが大きく目立つと見積もり時に減額対象となってしまうでしょう。

    目立つ傷があっても、素人が自分で修理することはオススメできません。

    それなりに自動車修理の腕前を持っている人でもない限り、パッと見たときには素人目で綺麗でもプロの査定士が判断すれば綺麗に修繕されていない可能性も高いからです。

    しかしながら、売却前に修理を通した方が良いわけではありませんから気をつけてください。

    修理した事による査定額アップはあまり期待できず、手間がかかる割に損をすることになってしまうからです。

    乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。

    自宅周囲に現実的に利用可能な交通機関が発達している等で、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば車を売ってしまうことで家計簿的に大きく削減可能です。

    車を維持するためにかかる費用の内容としては、自動車税や保険料、さらには車検代、自宅以外に駐車場を借りているならばその代金も支払う必要があります。

    これらを総合的に見ると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    家族名義の車や別居の親族の車なども売却のための書類さえ揃っていれば売ることはできます。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、売るのは簡単なことではありません。